自宅のインテリアや家具を上手に揃えて生活を豊かにする

furniture

LEDを設置する

受け口から変えないといけません

LED蛍光灯には、そのまま使えるものと工事が必要な物にわかれています。 工事が必要な物は工事費を含めると1万円以下で一灯をつける事が出来ます。 工事不要の物だと買ってきて既存のソケットに差し込むだけなので、3000円ぐらいで終わります。 ただし、工事不要の物は、LED蛍光灯用のソケット使っているわけでもなく、今まで使っていたソケットを使うので、対応年数が長くなるかどうかは、そのソケットにもかかってきます。 それに、実際、発火などの事故につながったりするケースまで出ています。 それとは別に、工事が必要な物は、高くつくというのも事実です。 どちらを選ぶかは、自分がなんの目的で使いたいのかをしっかり見極める必要もあります。

最近では最初からLED蛍光灯がつきます。

LED蛍光灯が最近は基本になっているので、新しい物にはほとんどすべてと言って良いぐらい、LED蛍光灯が使われています。 対応年数も長く、消費電力も少ないというのがウリで初期費用が少し上がる分、その後の事を考えるとかなりお得と言えます。 新しい家でも、マンションでもそうですが、最近では、お店をLED蛍光灯にするのが当たり前となり、コスト削減に一役買っていると言えます。 元々電気代に悩んでいた、会社にとってもありがたい話で節電と消費電力減少といううれしい出来事を二つ味わえるのです。 そして光の強さも強く綺麗で、今では、目に優しい、LED蛍光灯なども出来ていて、今後もこの方向の開発はされに進化して企業競争が激しくなると思われます。