自宅のインテリアや家具を上手に揃えて生活を豊かにする

furniture

ベッドを通販で買う

ベッドはサイズ選びが命

通販でベッド、ソファなどの大型家具を購入する人が増えています。通販のほうがお買い得な場合もありますし、家具店で購入するにせよ、配送なのだから通販で選べたら楽ですよね。 しかし、通販では実物を見たり寝転んだりすることができないので躊躇してしまいます。そんな方のために通販で失敗しないベッド選びのポイントを紹介します。 なんと言ってもサイズに注意が必要です。欲しいと思ったベッドが、お部屋に搬入できるかということです。 これは、実はデザインよりも重要なポイントです。 ネットで気に入り注文したものの、届いた際に搬入できずに返送となり、返送料が掛かってしまった…という残念なケースはしばしばあるようです。 ベッド本体が希望の場所に入るかはもちろん、搬入経路を十分に確認しましょう。無事に通過できるかをよくよく確認する必要があります。段ボールの梱包サイズを記載しているサイトもあるようです。特に集合住宅に搬入予定の方は、エレベーターや階段をお気に入りのベッドが無事通過できるか、しっかり確認しておきましょう。 サイズを見てからデザインを選ぶくらいでよいかと思います。

質の良い睡眠のために

人は約3分の1をベッドで過ごします。ライフスタイルによって、長短の差はあれ、眠らなくては生きていけません。 しかし、毎日良質な睡眠を摂れている人は一部にすぎないでしょう。睡眠の質を落としている原因の一つに寝具が体に合っていないことが挙げられます。 ここでもサイズが大きなポイントになってきます。体格のいい男性がセミシングルサイズに寝ても、寝返りすらままならず疲れが取れません。背の高い方がショートサイズのベッドを使えば、足がはみ出てしまいます。腰痛のある人が腰の沈むマットを使えば日に日に悪化してしまうかもしれません。 毎日長時間使い、高額な買い物ですし、できることなら長く使いたいですね。自分の体格や健康状態に応じてサイズやマットの硬さを慎重に考える必要があります。 デザインに関しては、店舗に出向いて探すよりも、ネットやカタログのほうが選べる範囲は大きく広がります。じっくり考える時間もあります。 ベッド選びは体と部屋にサイズが合っているか、マットの硬さが心地よいかが一番のポイントです。不安があれば遠慮なく販売元に問い合わせましょう。 そうすれば運命のベッドに出会える確率は飛躍的に高まると思われます。